静岡県知的障害者福祉協会

事業所紹介

社会福祉法人 復泉会

施設名くるみ作業所
施設長名八木 里美
担当者名横村 雄輝
施設の基本情報所在地浜松市中央区南浅田2-12-26
定 員36名
サービス種別就労継続支援B型事業、日中一時支援事業
ホームページURL等https://kurumi52.org
施設の紹介文社会福祉法人 復泉会 理念のもと 活動をしています
~復泉会の機能するところは地域社会の機能するところである~

くるみ作業所は就労継続支援B型事業所で、現在39名の利用者が在籍をしており、年齢は20歳~74歳(平均年齢45.4歳)の方まで幅広く働く生活を送っています

★自主事業
平成元年の開所当初より「よみがえる資源・みんなで福祉」をキャッチフレーズに  アルミ缶等のリサイクル事業を行い回収、選別そしてプレス加工をしており、回収においては浜松地域を中心に、西は湖西・東は磐田までトラックで行っています。そしてアルミ缶リサイクル協会様より通算5回優秀団体にも選ばれました。また牛乳パックを主原料とした手すきハガキやポチ袋などの紙製品や、米ぬか等を使い生ゴミが栄養土になる「EMぼかし」を、製造・販売しています。
わたしたちは事業を通して障害のある人たちと共に、人と人とのつながりを大切にしながら、地域福祉及びSDGsの推進に貢献しています。

★下請事業
地域の下請企業9社から様々なお仕事を頂き作業をしています。野球のユニホームや帽子、また楽器やデリバリーのお箸セット、車の部品の組立、タオルの袋入れなど利用者の長所を活かした作業提供を行い、意欲と自信につなげています。また企業から「大切なパートナー」という言葉をいただくなど、企業との関係を大切に作業に取り組んでいます。

★施設外就労
楽器の鍵盤ハーモニカのパッキング貼りを行っています。細かい精度が求められている作業のため、何度も練習を重ねることにより技術を習得し、企業が求めている品と生産数に応えています

★余暇活動
働くだけでなく余暇活動も積極的に行いQOLの向上に努めており、チャリティーバザー・蓮田の夏まつり、また自治会や企業の納涼祭に参加し、くるみの事を知ってもらう機会と楽しい時間を過ごしています。毎年、町内の運動会に参加をして、利用者の余暇活動と共に地域との関わりを深めています。
写真

社会福祉法人小羊学園

在宅支援センターぱぴるす

在宅支援センターぱぴるすでは、児童発達支援事業と放課後等デイサービス事業を運営しております。児童発達支援では、就学前のお子様が利用され、概ね3歳前~6歳のこどもたちが通ってきます。毎日通園と併行通園と一人ひとりが施設を利用する頻度に違いはありますが、療育を通してこどもたちが元気に自信を持って取り組めることを大切にしています。クラスは3クラスで編成されており、基本的に年齢で分けながら発育・発達を丁寧に寄り添いながら成長を共に感じています。

>> 詳しく見る

ページトップ